読書

読書

経済活動とはリスクを冒すこと-ドラッカーに学ぶビジネスの本質⑥

ドラッカーは、「経済活動の本質はリスクを冒すことだ」と述べている。ところが、リスクを冒すことはよくないことであると思っている人は多い。安定を求めて正社員になっても、会社自体がリスクを引き受けているにすぎず、リスクを冒していることには変わりはない。
読書

人材をひきつける-ドラッカーに学ぶビジネスの本質⑤

人材はビジネスを行う上で、基本的な経営資源であるとされる。にもかかわらず、日本企業においては、大切にされていない現状があると思う。しかし、人口減少社会においては、ヒトを大切にする会社でなければ生き残れないだろう。
読書

顧客は誰か-ドラッカーに学ぶビジネスの本質④

顧客は誰なのか。誰のどんな問題を解決するのか。そこを明確にするところから、ビジネスはスタートしなければいけないし、常にこのことを念頭に置いておく必要がある。当たり前の問いなのだが、意外に明確になっていないことが多い。
スポンサーリンク
読書

組織の向かうべき方向性を明確にする-ドラッカーに学ぶビジネスの本質③

ある組織を率いる際に、最も大切なことは、その組織がどこに向かっているのか、何を目指しているのかを明確にして、それを浸透させることである。その事業は何なのかを明らかにしなければ、組織はうまく機能しない。
読書

マーケティングは顧客の欲求からスタートする-ドラッカーに学ぶビジネスの本質②

今日も、ドラッカーについて書いてみたい。 ここの所、ドラッカーの「マネジメント」を読んでいる。 この本は、読み物としてさらりと読んでしまうのはもったいない。 どんな商売をやる人でも、しっかりと読み込んでみるといいと思う。 僕自身...
読書

企業は営利組織ではない-ドラッカーに学ぶビジネスの本質

金儲けは悪いことである、という誤解を持っている人は多い。僕もその一人で、そのことが独立開業当時に僕を苦しめた。この誤解はどこから来るのか。ドラッカーの「マネジメント」の中に、その答えが書かれていた。
読書

【読書】【エッセンシャル版】マネジメント-ドラッカーに学ぶマネジメントの役割

ドラッカーの名著「マネジメント」を読んでいる。この本の冒頭に、いきなり本質的なことが書いてあった。この部分を読むだけでも価値がある。組織とは、社会の問題を解決することを目的としていて、組織はそのための手段である。
読書

【読書】理想の会社をつくるたった7つの方法

良い会社とはどういものなのか。良い会社を調査して、その共通点を探ることから生まれた7つのキーワードを読めば、良い会社の作り方が見えてくる。良い会社が増えれば、社会全体が良い社会になるのではないか。僕はそう考えている。
読書

【読書】スタンフォード式人生を変える運動の科学

ケーリー・マクゴニガル著「スタンフォード式人生を変える運動の科学」という本を読んだ。僕は、運動は健康的幸せな人生を歩くためには、絶対に必要だと考えているのだけれど、その科学的な根拠がここに記されている。
読書

【読書】おカネの教室-子どものころにお金について学びたかったなあ

今の学校では、お金のこと、経済のことを教えてくれないよね。生きていくうえでは、とっても大切なことなのに。中学生の長男に経済のことを教えたいと持っていた時に見つけた本を紹介。大人の僕が読んでもものすごく勉強になる。ぜひ、一読したい本です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました