プロフィール

2019年11月14日

はじめまして!

私は、「健康的で幸せな人生をデザインするコーチ」の「渕脇たけし」と申します!
ここでは私の自己紹介をさせていただきます。

コーチング、心理カウンセリング、スポーツトレーナーとして運動指導、ダイエット指導、整体師としての施術テクニックなど、人間の健康のためにあらゆることを学んできました。トレーニング理論、解剖学、臨床心理学、栄養学、カイロプラクティック、オステオパシーなど多岐にわたります。

私は、より多くの人に健康になっていただきたいのです。
健康になっていただくために必要なことを、どんどん学んでいった結果、このようなことになったのです。

ダイエットコーチングには力を入れています。
ダイエットは健康的な人生を送るため単なる入り口にすぎません。
ダイエットをしていくうえで、健康的な身体とはどんなものなのか、健康的な生活とはどんなものなのか。

そういうことを、多くの方に考えていただきたいと思っています。

せっかく、こうして私のブログに来ていただいたのですから、本物の健康を手に入れていただき、幸せな人生を送っていただけたら、私は涙が出るほどうれしいです!

私と一緒に、本物の健康を手に入れていきましょう!

 

プロフィール

名前 ふちわき たけし(渕脇 毅)
生年月日 1965年5月28日
血液型 AB型
家族 妻と子ども4人
趣味 ランニング、水泳
仕事 株式会社BBコンディショニング 代表取締役
あおぞら整体院 代表
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 公認 産業カウンセラー
一般社団法人 働く心を大切にする経営協会 正会員

経歴

1984年 東京都立保谷高等学校卒業
1991年 九州芸術工科大学(現在の九州大学芸術工学部)大学院修士課程修了
(株)IHIの関連会社にエンジニアとして就職。
騒音・振動問題のコンサルタントとして従事。
1999年 うつ病を発症して、同社を退職し、一年間の自宅療養を余儀なくされる。
この一年間で20キログラム以上太ってしまう。
2000年 ナショナル整体学院スポーツトレーナー科に入学。
トレーニング理論と整体術を学ぶ。
2001年 コナミスポーツクラブ付属治療院にて働き始める。
ナショナル整体学院にて非常勤講師として働き始める。
2003年 東京都東大和市にあおぞら整体院を開業。
このころから少しずつダイエットを始める。
2014年 13年間務めたナショナル整体学院の非常勤講師を辞める。
この年の冬に最後のダイエットを行い、高校時代の体重まで戻す。
2016年 メンタル疾患に対応できるように、産業カウンセラーの認定資格を取得。
同時にコーチングの技術も習得する。
2017年 株式会社BBコンディショニング 設立
働く人たちのためのコンディショニング支援を始める。

著書

 「うつ病を出さない環境づくりが会社の業績を上げる」

スポーツとダイエットの歴史

肥満児だった小学生時代

小学生時代は肥満児でした。
運動会ではいつも足を引っ張り、足の遅さはクラスでも1,2を争う悲惨なものでした。

そんな私を見かねた母親が、スイミングスクールに連れて行ってくれました。
陸上ではどんくさかった私ですが、水の中では結構いけました(笑)
水泳が大好きになり、どんどん上達していきました。

とても楽しくプールに通っていた私ですが、順調に上達した私は、選手養成コースに入れられてしまいました。
選手養成コースの練習はただひたすらに泳がされるだけでとても苦しく、スイミングスクールに通うのが苦痛になった私は、水泳をやめてしまいました。

そして、なぜか中学になってサッカー部に入ることになります。
このおかげで、成長期だったこともあり、身長はどんどん伸びるし、それに従い自然に痩せていきました。

しかし、相変わらず足も遅く不器用だったので、サッカーはまったく上達しませんでした。
でも、ただ一つ、持久力があるということが分かりました。

太りたくても太れなかった高校時代

不器用でサッカーはダメだと思った私は、高校時代はラグビーをやることにしました。
ラグビーは、ポジションによっては不器用でもできるのです。

私のポジションがフォワードだったので、もっと体を大きくしたい、重くしたいと思っていました。
しかし、毎日ハードな練習をしながらでは、思うように体重を増やすことができませんでした。
このころの体重は65kgでした。

体重がほしくてもなかなか増えなかったのに、3年になって部活を引退したとたんに太り始め、ウェイトをコントロールすることの難しさを知りました。

初めてダイエットにチャレンジした大学時代

大学は九州のとても小さな大学に進学しました。
小さな大学だったので、運動部はあまりありませんでした。
選択肢がなかったので、経験のないテニスを始めました。

あまり器用な方ではないので、テニスはあまり上達しませんでした。
それでも運動をしているうちはよかったのですが、やはり4年生になって部活をあまりやらなくなったら太り始めました。

そしてある時、遊びでテニスをやっている時に転倒して足首を捻挫してしまいました。
「これはきっと体重が重くなったからに違いない」と考えた私は、生れてはじめてのダイエットに挑戦しました。

この時のダイエットは、3カ月で8kg落として、73kg⇒65kgになりました。

季節はちょうど夏で、しかも足首を捻挫して走れないという状況でもあったために、大学のプールに毎日通って、足を使わないクロール(プルのみ)で泳ぎ込みました。

この甲斐あって、クロールで1km泳ぐことが出来るようになりました。

この時の詳細は以下の記事に書きました↓
私のダイエット歴①-初ダイエットはこんにゃくそうめん

トライアスロンにのめり込んだ

クロールのプルだけで1km泳げるようになって、そのうえ体重が軽くなったことに気を良くして、当時興味を持っていたトライアスロンというスポーツを始めることにしました。

もともと不器用で、テニスには向いていないと感じていたのですが、水泳は子どものころにやっていたし、持久力には自信がったために、これなら自分に向いているのではないかと考えたのです。

このスポーツにのめり込んだおかげで、身体のこと、ダイエットのこと、コンディショニングのことに興味を持ち始め、いろいろなことを勉強しました。

体重が重くなると、最後のランニングがきつくなるので、とにかく常にウェイトコントロールをしているという状態でした。
この時に、ダイエットに関する基礎的な知識をたくさん得ることが出来ました。

ランニング

うつ病になって20kg太った

トライアスロンは、就職してからも続けていたのですが、入社してから8年目にうつ病になってしまい続けられなくなってしまいました。

トライアスロンを続けていたので、ずっとコンディショニングに気を使っていました。
何を食べたらいいのか、どれくらい休養したらいいのか、常自分の体調と向き合う日々でした。

しかし、仕事が忙しくなったうえに、仕事を手伝ってくれていた人が交通事故で突然亡くなるなどの不幸も重なって、人生に悩みうつ病を発症したのです。

うつ病にまでなって働く意味を見出せなくなった私は、本当に自分がやりたいことをやるべきだと考えて、会社を辞めました。
会社を辞めて、人間の身体のことをきちんと学ぼうと考えたのです。

ところが、会社を辞めてもすぐには体調がよくなるわけではありませんでした。
一年間自宅で療養している間に、20kgも太ってしまったのです!

一番太っていたころの写真がこれです↓

太っていたころ

上の写真と比べると、まるで別人ですよね💦

ナショナル整体学院スポーツトレーナー科に学ぶ

トライアスロンに出会ったことで、人間の身体のこと、コンディショニングのことに興味を持つようになっていた私は、一年間の療養の後に、ナショナル整体学院スポーツトレーナー科に入学しました。

そこで、整体とトレーニングの実践と理論を学びました。

その一年後に、コナミスポーツクラブ入間店の付属治療院で働き始めます。
スポーツクラブ付属治療院なので、仕事帰りにプールで泳ぎ、広いお風呂に入って帰るという何とも贅沢な暮らしをするようになります。

もちろん、仕事の上でも、スポーツクラブの会員やインストラクター、近所の高校の運動部などがやってきて、とても勉強になりました。

ここで2年半の間、経験を積ませていただいて、自分のお店であるあおぞら整体院を開業しました。

2回目のダイエットに挑む

独立開業してから2年目のこと。
この時に、人生で2回目のダイエットに挑みました。

この時は、10か月ぐらいの時間をかけて、83kg⇒75kgまで、約8kgのダイエットに成功しました。

この時は、とにかく体が重いのでハードな運動はできませんでした。
そこで、ひたすら歩くことから始めました。

このころ、私が痩せていくのを見ていたお客さんから誘われて、徐々にランニングをするようになりました。

震災を機に本格的に走り始める

私は、ナショナル整体学院を卒業した後、そのまま学校に残り非常勤講師として働いていました。
2011年に東日本大震災が起こった際に、当時の生徒さんを連れて数回にわたり被災地を訪れて、被災者に対して整体の施術をしました。

その時に一緒に行った生徒さんが、トライアスロンに興味があると話をしていたので、2,3人の生徒さんを集めて、手始めにランニングからで始めることにしました。

私が走り始めたころの体重は77kgでした。
そして、3年間よく走りましたけれども、体重は74kgにしかなりませんでした。

3年走っても、たったの3kgしか痩せなかったのです。

49歳で再びダイエットにチャレンジ

そして、49歳の時に再びダイエットにチャレンジしました。
この時は、突然アイディアが降ってきたのです。
もうすでに、人間の身体についてかなりの知識がありましたし、私がこの時に思いついた方法は絶対にうまく行くと確信を持ちました。
過去の二回のダイエットで足りないものがわかっていたので、その最後のピースが埋まったという感覚でした。

この時には、4か月で9kgのダイエットに成功しました。
3年間走っても、3kgしか痩せなかった私が、4か月で9kg痩せたのです。

74kg⇒65kgとなって、高校時代の体重にまで戻ったのです。
しかも、うつ病にかかって1年間で20kg太ってから、なんと16年の歳月が流れていました。

このころの私です。いまもこの体型をキープしています↓

16年も経っていると、私はもう痩せないのだと思っていました。
こういう体質なんだから仕方がないと。
しかも、年齢も重ねているので、痩せにくくなっていると思っていたのです。

しかし、過去のダイエットの中で、この時のダイエットが一番楽でした。
楽に、楽しく痩せることが出来たのです。

驚くべき結果が続出

私はこの方法を、いろんな人に教えました。
実践できた人の中には、ものすごい結果を残す人が現れました。

私の整体の教え子だった40代男性は4か月で-17kg
あおぞら整体院のお客様の50代女性は3か月で-12kg

教えた私のほうが驚くような結果が出たのです。
しかも、二人とも、「全然苦しくなかった。楽しかった。」というのです。

その上、この時から2年以上たっていますが、お二人ともずっとキープしています。
リバウンドしていないのです。

驚くべき結果を出す人がいる一方で、うまく行かない人もいるわけです。
うまく行かない人はどんな人なのか。
なぜ、うまく行かないのか。
そのあたりが気になるところですよね。

その辺も含めて、このブログで明らかにしていきたいと思います。

コーチおよび心理カウンセラーとしての私

この紹介の中でも書きましたけれど、私はかつて、うつ病になったことがあります。
といっても、実は病院に行っていないのでうつ病と診断されたことはありませんが、あの状態はうつ病であったと確信しています。

私は、その状態から10年かけて抜け出しました。

あれは本当につらい日々でした。
私の中では、失われた10年だと思っています。

そういう経験をする人を減らしたい。
苦しい思いをしている人を救いたい。

そう考えて、心理カウンセリングを学ぶために、産業カウンセラーの資格を取りました。

ダイエットを成功させるにはマインドセットを変えることが必要で、場合によってはカウンセリングが必要になります。

私が目指しているのは、本物の健康です。
身体的にも心理的にも健康であること。

そして、たった一度の人生を謳歌して、幸せになること。

そのためのお手伝いをすることなのです。

このブログの目指すところ

このブログが目指すところは、自分の人生を自由にデザインできるようになることです。
もちろん、自分の体型もデザインすることができます。

実は、ダイエットを成功させるには、マインドセットを変えるしかないのです。
多くの人は、マインドセットを変えることが出来ません。

もし、マインドセットを変えることが簡単にできるのであれば、体型だけではなく人生も思い通りにデザインできるようになります。

マインドセットを変えて幸せになる方法について、どんどん記事を書いていこうと思っています。
健康を手に入れて、幸せになろう!

今後とも、よろしくお願いいたします!