働き方・キャリア

働き方に対する提言

働き方・キャリア

出力75%のススメー余力を持って仕事をしよう

100%の出力で生きることは果たして良いことなのだろうか。余力を残しておくことは、幸せな人生においてとても大切なことなのだ。余力があるからこそ、進歩していくのだ。
働き方・キャリア

やりたいことがわからないというあなたへ

「本当にやりたいことが解らない」そう思っている人は多い。そんな人へのアドバイスを書いた。気になったことはとにかく体験してみればいい。これはご縁みたいなものだから。人生はご縁でできている。
働き方・キャリア

人生のレールなんて幻に過ぎない-人生を自由に歩く方法

人生のレールは果たして存在するのだろうか。人生のレールに縛られて、そこから外れるのが怖くて、ストレスを感じている人は多い。人生はもっと自由だ。自分が理想とする人生を歩こう!
スポンサーリンク
働き方・キャリア

まずは小さく始めてみる-やりたいことが解らないというあなたへ

「やりたいことが解らない」という悩みを抱えている人は多い。でも、やりたいことはあるけれど、職業に結びつくイメージが湧かないから、やりたいことの候補から無意識のうちに外しているだけかもしれない。
働き方・キャリア

なにごともやってみなければ解らない-失敗のススメ

仕事柄、若い人から相談されることがある。世間知らずだから、身の丈に合っていない夢を持っていたりする。不安もあるし周囲からの反対もある。だから迷う。そんな彼らに、僕はやってみたほうが良いと勧める。
働き方・キャリア

誰かの期待に応えようといてはいけない

親をはじめとする周囲の期待がプレッシャーになることがある。特に、自分が望んでいないことを期待されている場合には辛い。そんな時には、期待に応える必要はない。自分の気持ちを優先させよう。
働き方・キャリア

なぜ苦手を克服しようと無理するのか-得意技を伸ばしたほうが良い

苦手なことを克服しようとして苦しむ人がいる。どうしてそんなことをしようとするのか。それは、苦手は克服しなければいけないというすりこみがあるからだ。苦手は克服しなくていい。得意なことで勝負すればいい。
働き方・キャリア

仕事は苦役か喜びか

仕事とは何か。なんのために働くのか。仕事観は人それぞれだけれど、その仕事観が人生に与える影響は大きい。今の日本の社会が生きづらいのは、仕事は苦役であり、耐えるものだ。という仕事観が蔓延しているからではないだろうか。
働き方・キャリア

軸足を定める-経営心理学を研究する

「健康」とか「幸せ」という、あまりにも広すぎるものを追いかけていたので、興味を持つ方向が多岐にわたりすぎていて、軸を定めることができなかった。コロナ禍がいいきっかけとなって、ようやく自分の軸足が定まった。
働き方・キャリア

働き方改革を止めてはいけない-コロナ禍が働き方を大きく変える?

コロナ禍において、在宅勤務を強いられた人は多い。人会うことでウィルスが拡散するので、出来る限り人と接触しないように仕事をしていた人も多いだろう。その中で、様々な発気づきを得たに違いない。その気づきが、日本人の働き方を変えるきっかけになって欲しい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました