人間関係

人間関係に関する記事

人間関係

協調性という呪縛から放たれよう

協調性という言葉の危険性についての記事。日本人は協調性という言葉をとても良いものだという認識を持っているが、この言葉が自己犠牲を生み、同調圧力を生み、生きづらさの原因になっていることを認識する必要がある。
人間関係

類は友を呼ぶ-ありのままでいることを許可しよう

類は友を呼ぶ。似た人と友達になる。ありのままの自分でいると、その自分を受け入れてくれる友達ができる。ありのままの自分を否定していると、そういう人が友達になる。まずは、自分がありのままでいることを受け入れよう。
人間関係

嫌われるのが怖いあなたへ-パレートの法則を意識しよう

パレートの法則。二対八の法則。二割の人たちで八割の物事が決まる。自分を支持してくれるのは二割の人たち。その他の八割の人たちのことを考える必要はない。そういう意識を持つことで、生きるのがとても楽になるよ。
人間関係

「この世は競争社会」という認識は正しいのか?

僕たちは子どものころから「この世は競争社会だ」と教え込まれてきた。だから、負けないように自分を磨く必要があると思い込まされて、負けてしまう恐怖心を原動力にしてきたんだ。だけど、本当にそれは正しい認識なのだろうか?
人間関係

傾聴の本質を知らなければ傾聴力を身につけることはできない

傾聴はコミュニケーションにとって必要な技術である。しかし、その本質を理解しなければ、テクニックを学ぶだけでは本物の傾聴力を手に入れることはできない。本質を理解することが何よりも大切なのである。
人間関係

空気を読みすぎて自分の心をつぶしていませんか?

いじりといじめの境目。多様性と協調性のバランス。その感覚は人によって違う。場の空気を読みすぎて、自分を犠牲にする人たちがいる。自分の心を押しつぶしてまで、場の空気を大切にする必要はない。
人間関係

嫌われるのを恐れると、誰にも愛されない-安冨歩著「生きる技法」より

自立するということは依存する人を増やすこと。しかし、依存する相手は誰でもいいのでしょうか。そんなことはありません。どのような人に依存すればいいのかは、きちんと見分ける必要があります。安冨歩さんの著書「生きる技法」より考えてみました。
人間関係

人の目が気になるということ

他人が自分のことをどんな風に見ているのか。他人の目が気になる。怖い。そう思っている人は多いと思う。でも、その感覚は、自分の価値観をただ映しだしているだけだというお話。
人間関係

居心地のいい場所をつくろう-「まちなかヒュッゲ」という試み

「まちなかヒュッゲ」というイベントに参加してきたときの記事を書きました。ヒュッゲとはデンマーク語で、人との触れ合いの中で生まれる居心地のいい雰囲気という意味。居心地のいい場所を持つことの大切さを実感しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました