諦めるって大事だよ

手放す女性 マインドセット
スポンサーリンク

手放す女性
Gabriel Benois

世の中には「諦める」って、なんだかとても悪いことのような風潮ってあるよね。
「諦めない」って言ったほうがかっこいいし、多くの成功者は「成功するまであきらめなければ成功する」みたいなことを言うしね。

「あいつは夢を諦めた」って言われたくないし、自分でも「諦めた」って思いたくないし。

でも、僕はカウンセラーもしているからね、諦められずに苦しんでいる、という人もたくさん見ている。
それに、世の中のほとんどの人は、何かを諦めた経験をしているし、おそらく、成功者たちだって、いろんなものを諦めて成功しているんだと思うよ。

スポンサーリンク

「諦める」は「明らめる」

なんでそんなことわかるのか、と思うかもしれないけど、実は、「諦める」というのは「明らめる」とも書くんだ。
「明らめる」は明らかにするということなんだ。

色々とやってみたけどうまくいかないときというのは、、「どうやら僕には才能がないようだ」とか、「本当にこれが僕のやりたいことなんだろうか」とか、「世の中の状況として難しい」とか、いろんなことが明らかになっていくんだよね。

これは、見方を変えれば「的確な状況判断」だともいえるよね。
「私情を挟まずに、きちんと状況を判断して行動をする」ってことだ。

成功者たちは、「明らめる」ことに長けているんだ。

自分が苦手なことも、自分が得意なことも、世の中の動きも状況も、きちんと判断している。
そのうえで、諦めないことと諦めることをきちんと分けて考えている。

諦めることが悪いんじゃない

諦めることが悪いんじゃなくて、ちゃんとした状況判断ができないことのほうが悪い。

何を諦めて、何を諦めないのか。
その時々の状況判断ができないことのほうが問題なんだ。

場合によっては、諦めることがとても大切だったりする。
でも、諦めないことも大切だったりする。

諦めることがいいとか悪いとか、そんな単純な話じゃないんだよね。

諦めたら別の未来が見える

諦めたことによって、別の未来が見えるようになる。
別の可能性が広がっていることに気がつく。

諦めたことによって、その人にとって本当の幸せが見えることがある。
諦めないこと、こだわることで見えていなかったものが、こだわりを捨てることで見えるようになる。

そういうことは往々にしてよくあることなんだ。

まとめ

諦めることは悪いことではない。
何を諦めて、何を諦めないのか。
それを明らかにすることが、諦める問う行為なのだ。

諦めきれずにこだわっていること。
そのために苦しんでいることがあるなら、一度すっぱりと諦めてしまうのも、幸せな人生のためには必要なこともあるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました