悩み事が人を成長させる

窓辺で悩む人 学び
スポンサーリンク

人間、尻に火がつかないと行動を起こさない。
特に問題が起こらなければ、怠惰なほうへ流れるのが人間だ。
いや、動物だと言ってもいいかもしれない。

できれば省エネで生きていきたい。
わざわざ、エネルギーを消費するようなことはしたくない。
それが人間を含めて、ほぼすべての動物がそう考えるのではないだろうか。

スポンサーリンク

ストレスが人を成長させる

何か問題にぶつかった時に、人は悩み苦しむ。
その問題をどうやって解決しようかと、いろいろと考えるし、本を読んだり、人の話を聴いたり、自己と向き合ったりする。

そうして、そこから多くの学びや気づきを得て、その結果成長する。
問題があるから、ストレスがあるから、人は成長するのだ。

トラブルをどう捉えるか

何か問題(トラブル)に直面した時に、その問題をどう受け止めるかによって、人の心の在り方は大きく変わる。
「こんな厄介な問題が、どうして自分の身に起こるんだ!」と、自分の不幸を嘆くのか、
「いい勉強になっている、鍛えられている。成長の機会を与えられている。」と、前向きにとらえるのか。

できれば、後者のように前向きにとらえられるようになりたいものだと思う。
もちろん、厄介な問題に心を揺さぶられて、平常心ではいられないし、イライラしたり、落ち込んだり、不安になったりするのは避けられないんだけれども、それでも、「これは学びのチャンスなんだ!」と捉えるように心がけることは大切だと思う。

問題が起こるから人生は楽しい

僕自身も、まだまだ、成長の機会を与えられている。
だからこそ、人生は楽しいのではないだろうか。

そういう捉え方をできるようになったら、無敵だと思う。
問題を楽しむことができるようになる。

どんな人間でも、多かれ少なかれ、何らかのトラブルを抱えて生きている。
だからこそ、人は成長するし、人生が深いものになる。

まとめ

生きていれば、いろいろな問題を抱えて、ストレスを感じるのは当たり前のこと。
しかし、その問題があるからこそ、人は学びの機会を与えられているのだ。

もし、何も問題が無かったら、それこそ味気ない人生になってしまうのではないだろうか。
そして、「何も問題が起こらないことが問題だ」と考えるようになるかもしれない(笑)。

結局、問題からは逃れられない。
だったら、意識的に成長の機会にしてしまおう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました