うつ病を知れば幸せに生きる方法がわかります-第66回サイードプレイスラボ

グラレコ イベント・セミナー
スポンサーリンク

6月30日の木曜日の夜に、友人の安斎輝夫さんが主宰するイベント「サードプレイスラボ」にてお話をさせていただく機会を得ました。

テーマは「うつ病」」です。

昨年、国家資格の「公認心理師」を取得したので、そのお話を兼ねて、「うつ病」についてお話してほしいとのことでした。
「うつ病」をテーマにすると、なんとなく暗くて難しい話になってしまいがちなので、多くの人に興味を持ってもらうためにはどうすればいいか、と考えました。

うつ病って、なんとなく、アンタッチャブルというかタブーのテーマのような感じがするじゃないですか。
あまり表沙汰にしたくないというか。

でも、うつ病の生涯有病率はやく6%で、これは生涯のうちに一度はうつ病にかかる人が、15人に1人の割合でいるということなので、これはとても身近な問題なんです。
だから、一人でも多くの人に聴いてほしかったんです。

そんなわけで、公演のタイトルを「うつ病を知れば幸せに生きる方法がわかります」というものにしました。もちろん、内容も、幸せに生きる方法についてお話をさせていただきました。

これまで、僕はこのブログに「うつ病」の話をあまり書いてきませんでした。
むしろ避けていました。
それはなぜかというと、医師でもない僕が病気の話に言及すると、グーグルに嫌われてしまって検索順位が下がると考えていたからです。

でも、そんな努力をしても、一人の整体師ごときが健康情報を発信している段階で、もうすでに怪しいサイトだと思われているらしく、検索順位はダダ下がりなんですけどね。

そんなわけで、もうこれからは、グーグルのことなんて気にせずに、書きたいことをどんどん書いていこうと思います。

スポンサーリンク

お話しした内容

先日お話しした内容は、

1,うつ病について
2,うつ病かな?と思ったらどうすればいいか
3,周りの人がうつ病になったら
4,最高の予防法は幸せになること

です。

これら一つ一つについては、このブログにもどんどん書いていこうかと思います。

この公演の様子が、サードプレイスのYouTubeチャンネルに上がっていますので、
興味がある方はぜひ、ご覧ください。

うつ病を知れば幸せな人生に 必要なことがわかります (サードプレイス・ラボ 第66回)

自分の心と対話しよう

一言で言うと、うつ病になる人は、自分の心を抑圧している人です。
心を抑圧しないようにするためには、自分の心と対話をすることが大切です。

自分にとって幸せとはどういうものなのか?
頭で考えた幸せではなく、心から求める幸せの形をわかっているかどうか。

これが最も大切なことなのです。

ただし、自分の心と対話をするというのは、やったことがない人にとってはなかなか難しいことかもしれません。

そういう人には、ぜひ、カウンセリングを受けることをお勧めします。
カウンセラーは、自分との対話をサポートします。

グラレコを描いてくれました

参加していくれていた方が、グラレコ(グラフィックレコーディング)を描いてくれました。
いろんなことを早口でまくし立てたのに、奇麗にまとめていただき、ありがとうございました。

グラレコ

講演依頼承ります

うつ病に関する啓もう活動も積極的にやりたいので、呼ばれれば講演いたします。
ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました