自分の価値は自分ではわからない-その人の価値を教えてあげよう

鏡女性 マインドセット
スポンサーリンク

鏡女性

自分のことは自分が一番よくわかっている。
だから、自分の価値も自分が一番よくわかっている。

自分にはダメなところがたくさんある。
一時的に頑張ろうと思っても、すぐに怠け心が出てきてしまう。
詰めが甘い。
人見知り。

だから、まだまだま、自分なんてだめだ。
価値がない。

そんな風に思っている人はとても多い。
特に、自己肯定感が低い人に多い。

スポンサーリンク

自分の価値は自分ではわからない

でも、自分の価値って自分ではわからないものなんだよね。
だって、自分の価値ってほかの誰かが評価するものだものね。

疲れたり、体調が悪かったりすれば、怠けたくなるのは当たり前。
人は苦手なことがあるのが当たり前。

いつもいつも絶好調なんてありえないし、何でもできちゃうスーパーマンなっていない。
本人が欠点だと思っている、ちょっと抜けているところに魅力を感じている人だっている。
その人の味になっているというケース。

褒められたら素直に受け取る

だから、褒められたら素直に受け取ることが必要。
「そうか、自分にはそういう価値があるのか。」と。

それを積み重ねていくことによって、「自分の強み」が見えてくる。

自分に自信がない人は、褒められても素直に受け取れない。

「いやいや、僕なんてそんな大したもんじゃないです。」
とか言って、謙遜してしまわないようにしよう。

「そんな風に言っていただけてうれしいです。」
「ありがとうございます!」

と言って、しっかりとキャッチしよう。

決して、社交辞令だろうとか、買いかぶりすぎだろうとか、受け取らないほうがいい。
そんな受け取り方をしても、褒めてくれた人は喜ばないし、自分のためにもならない。

誰のためにもならないからだ。

僕もかつてそうだった

実は、僕にもそういう癖があるんだ。
褒められても、素直に受け取れない癖が。

お世辞や社交辞令だろうって思っていた。
そんな調子だから、自信を持てなかった。

でも、褒めてくれる人が、昔からの友人とかお世辞なんて今更言うような関係じゃない人だったりするんだ。
そういう人が言ってくれた言葉は本物なんだと思う。

ここ何年かはちゃんと受け取ることにしているんだ。
意識して。

自分の強みは何だろうって、ずっと考えているから。
だから、それを教えてくれる人がいるってことは、とてもありがたいことなんだ。

周りの人の価値を教えてあげよう

自分をほめてくれる人は、とてもありがたい存在なんだよ。
自分の強み、良さを教えてくれる人なんだ。

だから、逆に言えば、他人を褒めるという行為は、とても大切だってことだよね。
「あなたのここがすごい!」っていうことは、その人の価値を、その人に教えてあげるってことだから。
それは、その人に対する最高のプレゼントなんだ。

僕は、自分の子どもに、「お前のそういうところすごいな」っていうようにしている。
もちろん、スタッフにもなるべくそう言うようにしている。

みんなが自分の価値に気が付いたほうがいいから。
そのほうが、みんなの人生がより良いものになるから。

まとめ

自分の価値は、自分ではわからないもの。

だから、それを教えてくれる人がいたら、ありがたく受け取ろう。
そして、自分の周りの人にも教えてあげよう。

その人の魅力や価値は、周りの人にしかわからない。
そのことを意識しておこう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました