心穏やかにリラックスする時間を持とう

ハンモック女性

新型コロナの関係で、世の中が騒然としている。
テレビを付ければ、ニュースもワイドショーもこの話で持ち切りだし、SNSでもこの話ばかりでうんざりする。

確かに今は重大局面だし、とくに、首都圏にいる人にとっては、まさに自分事としてとらえなければいけない。
うんざりはするんだけど、だからと言って無視するのは違うよね。

だけど、このことばっかり考えていると、ストレスで疲れて免疫力が落ちる。
それはかえってよくない結果を招く。

だから、心穏やかに過ごす時間を意識的に作ることが大切なんだ。
心穏やかに過ごす時間を持つために、きちんとした理解をしておくことも大切。

ちゃんと理解をして、穏やかに過ごす。
このバランス感覚が大切なんだ。

問題をきちんと理解すると不安が減る

何事もそうなんだけれど、何が問題なのかをちゃんと理解をしていかなければいけない。
これは、客観的な事実を知る、ということ。

人は、事実と解釈をごっちゃにして一つの物事だと理解してしまう癖がある。
一つ一つの事象を、きちんと分けて考えることが大切だ。

今目の前にあるコロナ騒動にしても、

1、コロナウィルス自体の情報

・新型コロナウィルスの特性
・感染者の症状
・感染経路
・予防法

2、医療の情報

・医療現場の実態
・自分が感染した場合にどうすればよいのかということ

3、政治と経済と社会と生活の情報

・検査体制
・休業補償問題
・自粛要請なのか封鎖なのか
・自分の収入

4、自分の内面の問題

・不安
・怒り
・恐怖
・政治や社会に対する疑問や不満や意見
(細菌兵器などの陰謀論やインフルエンザとの比較考察などもここに入る)

というように、きちんと分類して理解しておくことが大切なのだ。

きちんと分類するして理解することによって、対処方法がわかる。
対処方法がわかれば、不安を軽減させることが出来る。

不安というのは、情報が少ない時に起こる。
情報を集めて、きちんと理解することで、不安を減らすことが出来るのだ。

意識的にリラックスする

問題解決方法がわかれば、無用な不安が減る。
不安が減れば、リラックスする時間を作ることが出来るようになる。

リラックスする時間を作るために、自分を不安にする情報を遮断する時間を作る。
テレビを消すとか、スマホの電源を切る、パソコンから離れる。
まずは、物理的に情報から離れる時間を作ろう。

そして、気持ちいいことと、好きなことをする。
音楽を聴く、映画を見る、本を読む、運動をする、瞑想をする、美味しいものを食べる、家族と談笑する。

こんな時だからこそ、意識的にそういう時間を作ることが大切なのだ。

あえて考えない時間を作る。
これがストレスと戦う時には必要なことなのだ。
これは、新型コロナ問題に限った話ではない。

長期戦になる覚悟を持とう

新型コロナウィルスとの戦いは、おそらく長期戦になるだろう。
これは短距離走ではなくて、マラソンなのだ。

マラソンであるなら、ペース配分を考える必要がある。

リラックスする時間を作るということは、ペースを落として息切れしないようにするということ。
ずっと考えていたからと言って、すぐに解決できる問題でもない。

まずは体調を整えよう。
それが、長期戦を乗り切るために必要なことなんだ。

まとめ

ストレスと戦う時には、情報を集めて、整理して、敵をよく知ること。
そして、長期戦に備えて、ペース配分を考えること。

そのために、あえて意識的に、リラックスする時間を作ろう。

ストレスは体力を奪い、免疫力を下げるから、コロナと戦うにはストレスのコントロールが不可欠だよ。