ほんの少し肩の力を抜いてみる

ハンモック女性
Zach Betten

このブログを立ち上げてから、75日が経った。
この記事で41本目なので、まあ、二日に一本よりは良いペースで更新ができていることになる。

このブログを立ち上げる前のブログは、3年間一日も休まずに更新し続けていた。
一時期は、それなりにアクセスも集まるようになっていたのに、グーグルの仕様変更で一気にアクセスが集まらなくなってしまった。

意地になって毎日更新していたので内容も雑になってきたし、アクセスが集まらなくなったことで、いったい何のために毎日更新しているのか、わからなくなってしまったのだ。

それに、グーグルアドセンスに合格しないし、そのために修正するにも記事が1000以上あるわけだから、どこから手を付けていいものか途方に暮れてしまって。

それならいっそのこと、1からやり直したほうが良いのではないかと思って、このブログを新しく立ち上げたというわけだ。

スタートダッシュはもう終わり

テーマをある程度はっきりさせたほうが良いのではないか、ということで、最初はダイエットブログとして始めた。
ここまでのところは、ダイエットの話を中心に書いてきたし、これからもメインはダイエットで、それに関連する健康関係の話題を書いていこうとは思っている。

それでも、ある程度記事数もたまってきたし、グーグルアドセンスにも一発で合格したし、当初の目的はだいたい達成しつつあるかな、と思っている。

ここまでは、結構頑張って書いてきて、スタートダッシュはそれなりにうまく行ったように思うので、ここらで少し肩の力を抜いて、自分が書きたいことも少しずつ書いていこうかと思う。

肩の力を抜いてみるって大切

ふっと、肩の力を抜いてみる。
抜いてみてはじめて、これまで結構力んでいたんだなあ、ということが分かる。

人生にも、そういう時って必要だよな、などと考えている。

いったい何のためにやってるんだっけ?
このブログも、仕事も、人生も。
そもそも、自分はどうしたいんだろうか。

一度立ち止まって、そういうことを考える時間って必要だと思う。

そもそも、どんな生き方がしたいんだろうか?

頑張ることが善で頑張らないことは悪なのか

僕たちは子どものころから、頑張ることを求められてきた。

頑張ると褒められる。
もっと頑張れと言われるし、サボっていると怒られる。

だから、いつの間にか頑張ることが善で、頑張らないことは悪だと思うようになっている。

でも、本当にそうなのだろうか?

頑張らないでも生きていけるならそれに越したことは無いような気もするし、
頑張りたければ頑張ればいいし、頑張りたくなければ頑張らなくていいような気もする。

そもそも、そこに善とか悪とか、そういうものがあるのだろうか?
本人が満足ならそれでいいと思うのだけれど。

他人にジャッジされるようなことではない

善とか悪とかって、ジャッジ(判定)だよね。
自分の人生なんだから、他人からジャッジされるのはおかしいと思うんだ。

逆に言えば、自分も他人をジャッジするなんておこがましいということだよね。

他人にジャッジされるために生きているわけじゃないし、そのために頑張っているわけじゃない。
自分の人生なんだから、どんな生き方をしたって構わない。

頑張りたければ、チャレンジしたければすればいいだけだし、頑張りたくなければ頑張らなくたっていい。
結局、自己満足の世界なんだよね。

このブログも自己満足で書いている

結局、このブログも自己満足で書いているわけで。

何を書こうが僕の勝手だし、毎日更新しようが、たまにさぼろうが僕の勝手。

アクセスを集めるために頑張るのも、
アドセンスで儲けるのも、
そんなことを一切に気にしないのも、
全部、僕が勝手にやっているだけのことだよね。

読んでいる人の役に立つ記事を書くのも、
何の役にも立たない自己満足の記事を書くのも、
ぜーんぶ、僕の勝手なんだよな。

肩の力を抜こうよ

あなたの人生も同じだよ。
全部、あなたの勝手にしていいんだ。

ちょっと、肩の力抜いてみよう。
そして、そもそも、自分はどうしたいんだろうか、と考えてみようよ。

そして、やりたいようにやっていいんだ、ということを再確認しよう。

今日はちょっと、肩の力を抜いてブログを書いてみた。

やりたい放題に生きていこう。
それでいいと思える。
そういう日があっても良いよね。