自然治癒力が最強-治る力を磨いておこう

ストレッチ女性 健康的なライフスタイル
スポンサーリンク

ストレッチ女性

人間に限らず、生物には自然治癒力が備わっている。
それは、生命の持つ重要な能力の一つだ。

この能力があるから、怪我をしても治るし、病気からも回復できる。
この能力がなくなったら、それは死を意味する。

医療は、最終的にはこの能力がちゃんと働くようになることを目指す。
なぜなら、自然治癒力こそ最強だからだ。

スポンサーリンク

現代医療が治しているわけではない

新型コロナウィルスが話題になっている。
新型なので、治療法が確立されているわけではない。
なので、このウィルスに感染した人が治癒するのは、すべて自然治癒力の力なのだ。
無症状で治る人もいるのも、この力が働くからだ。
この力が無かったら、すべての人は死んでしまうだろう。

医療はそのサポートをするだけだ。
その事を、今一度思い出して欲しい。

人はとかく、最新の医療技術を欲しがるものだけれど、どんなに医療が発達しても、最後の最後は自分の治癒力が頼りであるということを忘れてはいけないと思う。
どんなに高度な医療でも、自分の治癒力が衰えていればその力を有効に発揮できない。

自然治癒力はあって当たり前なので、普段、意識することはない。
でも、その存在を意識して、自分の治癒力を信じてほしいと思う。

自然治癒力を十分に発揮させる方法

自然治癒力を十分に発揮させることで、多くの病気を治すことができる。
では、それを十分に発揮させるにはどうすればいいのか。

そのためには、心身ともに健康でいること。

健康になるためには、僕が健康を支える3本柱と呼んでいる三要素をきちんと行うこと。
僕が健康を支える3本柱とは次の三つ

運動
栄養
休養

適度な運動と、バランスの取れた栄養、そしてメンタルを含めた休養。
血行を促進して、自律神経を整えておけば、自然治癒力が十分に発揮される状態になる。

自然治癒力が十分に発揮される状態を作っておけば、大抵の不調は自分の力で治すことができるし、逆にこれが十分に発揮されない状態になると、医療の力も十分に発揮されなくなる。

体調不良に悩まされているときには

整体師をしていると、あっちもこっちも調子がおかしくて、その一つ一つの症状を今すぐに何とかしたいと焦ってしまうと、解決策が見えてこないというケースに出合うことがある。
こういう時にこそ、自分の自然治癒力に頼ることをお勧めしている。

症状にフォーカスして対症療法的に対処しようとしてもダメなときこそ、時間をかけて根本治療に取り組むほうが、逆に早く効果が出ることがある。
一見遠回りに見て、そちらのほうが早いのだ。
急がば回れ、とはこのことなのだ。

しかし、焦っているときほど、この提案を受けてくれない。
すぐに効果が出るような、魔法のような方法を求めてしまう人は多い。
そこがもどかしいところだ。

僕は整体師だし、心理カウンセラーだ。
僕がおすすめするのは、この一見遠回りのようだけれども強力な方法なのだ。

もちろん、医療の力を借りて症状を抑えつつ行うことができれば、それが一番良い方法だと思う。
組み合わせのほうが力を発揮することは間違いない。
なぜなら、どちらも最終的には、自然治癒力を用いて問題を解決する方向へ行くからだ。

まとめ

私たちが本来持っている自然治癒力こそが、最も強力な治る力だ。
その力を最大限に引き出すことを考えよう。

そのために、普段から自分の身体を整えておくことが大切なのだ。

健康を支える三本柱、「運動」「栄養」「休養」をしっかりと行い、自分の心と身体を大切に扱うことで自然治癒力を発揮できる状態にしておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました