仕事と労働の違い-ドラッカーに学ぶビジネスの本質⑦

労働者 ビジネス
スポンサーリンク
今日もドラッカーの著書「【エッセンシャル版】マネジメント」の内容から、気になったところを紹介する。
今日の内容は、仕事とは何か、労働とは何かを根本的に考え直すきっかけになるはずだ。
この問題について、頭の中を整理しておくことは、経営者はもとより、自分の人生を幸せなものしたいと願う人にとって、とても有意義なことだと思う。
この著書の中で、ドラッカーは仕事とは何なのか、ということに言及している。
人によって仕事観は違う、という話を、このブログの中でも何度も指摘してきた。
どのような仕事観を持っても、その人の勝手だし、正解はない。
それは、主観的な仕事観の話だ。
ドラッカーは、より客観的に、仕事とは何か、という問題について言及している。

仕事には様々な側面があり、どれか正解というものではなく、仕事とはそれくらい複雑なものであるということがわかる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました