今を大切に生きよう

喜ぶ男性 マインドセット
スポンサーリンク

あなたは今、幸せだろうか?
我慢してませんか?
苦しんでませんか?

僕たちは、「将来のために」という言葉のもと、「今は我慢して、将来のために頑張りなさい」と教えられて育ってきた。

それは、中学生、高校生の頃。
やがて来る受験に備えて、「今は苦しくても頑張れ」と、やりたい遊びやゲームを我慢して勉強することを強要されてきた。

社会人になれば、いつか来る安定した老後のために、今は我慢して働かなければいけないと、歯を食いしばって働いている人も多いのではないだろうか。

将来の不安を和らげるために、今の楽しみを我慢している。
そんな生き方をしていませんか?

スポンサーリンク

人生は突然終わるかもしれない

しかし、その将来は来ないかもしれない。
人生は突然終わるかもしれない。

今日、道を歩いていたら、突然車が突っ込んでくるかもしれない。
ある日、不治の病に侵されるかもしれない。
命があれば、未来はやってくるけれど、命を絶たれれば未来はやってこない。

将来のために今を我慢していると、その将来がやってこなかったらどうするのか。
我慢するだけの人生でいいわけがない。

今を大切に生きる

僕は、かつてうつ病になったことがある。
それ以前の僕は、将来のために今を我慢する生き方をしていた。
でも、ある日、僕の仕事仲間が交通事故で突然逝ってしまった。

そうか、僕だって、その可能性はあるんだ。
その事実がリアルに感じられた。

その時に思ったんだ。
いい人生は、我慢の先にあるんじゃない。
充実した今を積み重ねることによって、振りかえるといい人生が出来ているんだって。

だから、今を思い切り楽しんだほうが良い。

もちろん、だからと言って刹那的に、享楽的に生きていいということとは違うけど。
充実した毎日を過ごすことが大切だ、ということを言いたいのだ。

今を充実させることが明るい未来を作る

今を充実させるということは、今さえよければいいという、いわゆる刹那的な生き方とはまた少し違うかもしれない。

自分にとって、幸せな人生とはどんな人生なのかをイメージして、それに近い今を生きる。
そう表現すればよいだろうか。

常に、今が充実している人は、将来もずっと充実した人生を歩くだろう。
なぜなら、人生は「今」の連続だからだ。

いつ来るかわからない将来のために今を我慢する人は、いったいいつまで我慢すればいいのだろうか。
どこかの時点で、「今を充実させる」という思考に転換させなければいけない時が来るだろう。
そうでなければ、自分の葬式のために、あるいはお墓のために、来世のために、今を我慢し続けることになってしまう。

人生のどこかで、「今を充実させる」という思考に転換しなければいけないのであれば、それはいつやるの?
今でしょ!(古い💦)

まとめ

充実した人生を歩むためには、今を充実させることが大切だ。
将来のために「今は我慢」という生き方では、充実した人生にならない。

さて、あなたは今、充実していますか?
変な我慢しをしてませんか?

もし、我慢していると思ったら、そんな我慢はやめてしまおう。
やりたいことをやって、楽しく生きていこう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました