マイペース・スモールスッテプのススメ

階段 マインドセット
スポンサーリンク

この歳になって、改めて思うことがある。
それは、理想的な人生を歩くためには、スモールスッテプを踏むことを意識することが大切だ、ということ。

物事は、少しづつしか前進しないし、自分の能力だって、いきなり伸びることはない。
あまりにも壮大な目標を立てたり、拙速に物事を進めようとしてもうまくいかない。
自分が思った通りには、物事は進まない。
なぜなら、この世はご縁でできているから。
なので、焦ってはいけないし、上手くいかなくても腐ってはいけない。

スポンサーリンク

小さいことを積み重ねる

ほんのちょっとだけ前に進むことを意識する。
それを、長期間に渡って根気よく積み上げていく。
そうすることによって、振り返ってみると、かなり遠くまで来ている、ということを実感できるのだろう。

あのイチロー氏も、こんなことを言っている。
「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。」

彼は、子どものころからプロ野球選手になるという大きな目標を掲げてはいましたが、日々の練習では、「少し頑張ればできそうな目標を立てて、それを達成することを目指していた」ということ。

これは、今の自分の実力をしっかりと把握して、どこに課題があるかを見極め、一つ一つクリアしていく。
そしてまた、新たな課題を見つけて、それをクリアしていく。
そういうことをずっと繰り返していたと。
その結果として、大リーグで大活躍し、殿堂入り確実と言われるような選手になった。

目標が高すぎた

なんで、こんなことを最近になった考えたかというと、僕は一時期、かなり大きな目標を掲げたことがあった。
そこから逆算して、毎年目標を設定していったのだけれど、そんな絵に描いた餅のような計画など、当然のことながら最初からうまくいくはずがなかった。

そうこうしているうちに、新型コロナウィルスの騒動が起こって、状況が変わってしまった。
そして、右往左往している間に、2年半が過ぎてしまった。

今になって振り返ってみると、やはり計画に無理があった。
もっと、小さなステップを意識する必要があったのだ。
「少し頑張ればできるかもしれない」という、現実可能な目標を立てるべきだったのだ。

遠回りすことで解ることがある

ただ、いまになって思うのは、右往左往したおかげで、いろいろなことが分かったということだ。
試行錯誤しながら、遠回りしないとわからないことは多い。
もちろん、ストレートにまっすぐ進んでいく人もいるかと思うけれど、凡人の僕には、なかなか難しいことなのだ。

振り返ってみると、これまで失敗ばかりを重ねているけれど、だからこそ解ったことも多い。
失敗することで、自分の気持ちと向き合うこともできる。
「なぜうまくいかないのか」を考えることは、とても大切なのだ。

どこかに無理があるのか。
自分が見落としているところがあるのか。
実現不可能な計画になっているのか。
そもそも、自分が本当にやりたいことはなにか。

そういう「問い」を、自分の中に持つことで、初めてわかることがあるのだ。

マイペースが大切

歩みののろい亀だけど、まあ、これが僕の生きるペース。
自分のペースじゃないと疲れるし楽しくない。

大きなことをなすことが大切なのではない。
遠くまで行くことが目標じゃない。

自分が本当に実現したい状況に持っていくことが大切なんだ。
自分が心から幸せだと思えることが大切なんだ。

そのためには、自分のペースに合わない生き方をするのは間違えている。
自分が、心地よいと感じられるペースが良いのだ。

結局のところ、自分のペースにあったスモールステップを踏むことが大切なんだと、最近ふと思った。
というお話でした。

※使用した写真
UnsplashLindsay Henwoodが撮影した写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました