じっくりと時間をかけることの重要性-人間は急には変われない

子どもと海 マインドセット
スポンサーリンク

情報化社会になって、変化のスピードが速くなっています。
しかし、どんなにテクノロジーが発達しても、私たちの身体は変わりません。
人間が成長していくスピード、環境に適応していくスピードは変わらない。
焦ってみたところで、こればかりはどうにもならないのです。

人間が成長し、変化していくには時間がかかります。
病気やケガが癒えるには時間が必要です。

スポンサーリンク

焦ったら逆効果

ケガをしたスポーツ選手が、現場に復帰するには時間がかかります。
焦ったところで、治癒が早まるわけではありません。
むしろ、復帰を焦り、無理なリハビリをすることで、再度傷めてしまう可能性もあります。

メンタルの問題もこれに似ています。
復帰を焦れば逆効果です。
焦れば早く復帰できるなら良いのですが、そうならないことの方が多いですね。

辛い状況を受け入れて、考えを変え、視点を変え、前向きに歩き出せるようになるまでにも、ある程度の時間が必要になります。
時が癒してくれる、ということもあるのです。

人間の成長も時間がかかる

子どもの成長していくのも、大人が成長していくのも時間がかかるものです。
何かを教えたからと言って、すぐにできるようになるわけではありません。

何年という時を経て、少しづつ成長していくものです。
焦っても仕方がありません。
急に成長するということはないのです。

その時が来るのを待つことも大切

残念ながら、すぐに結果が出ることばかりではありません。
じっくりと育てる。
その時が来るまで根気よく待つ。
こういうことも大切なのです。

特に現代は、インスタントに結果が出ることを求める人が多いような気がします。
長い時間をかけてゆっくりと伸ばしていく、ということができない。

もっと気長に待つことができるようになった方が良いこともあるのです。

まとめ

スピードを求められる時代ですが、それに向かないことあります。
ゆっくりと時間をかけて取り組まなければいけないことは沢山あります。

じっくりと、気長に待つことができるようになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました