初心を忘れないようにしたい

ブレインストーミング

僕はもう、20年以上、健康業界で生きてきたわけだけど、自分が初心者だったころのことがもう遠い昔になってしまった。
その当時に知りたかったことや、疑問に思ったこと、あるいは知ってなるほど!って感激したこと、そういことが、今では当たり前の感覚になっていて、遠い記憶のかなたにある、そんなの当たり前じゃん、っていう新鮮さの明けらもない感覚になっていると気がつく。

でも、基本的なことがある意味で陳腐な感じというその感覚は僕のものであって、どこかの誰かにとっては今でも新鮮な驚きや喜びを与えられることかもしれない、ということを忘れている。

専門家は難しい話をするようになる

専門家になればなるほど、そういう感覚になっていくので、どんどん難しい話をしたがるようになる。
難しい話をするほうが、専門家としての格が上がるような錯覚さえ覚えるようになる。

また、同業者との競争を意識してしまうことで、他の同業者が知らない専門的で詳しい情報が欲しいと思ってしまう。
それを手に入れることで、同業者との競争に勝てるという錯覚に陥るからだ。

しかし、そうなればなるほど、初心者が欲しい情報を専門家は提供できなくなるのではないか、と考えている。
むしろ、素人のほうが素人の気持ちがわかるので、素人や初心者が喜ぶ情報を提供できるのかもしれない。

誰に向かって情報を提供したいのか

振り返ってみて、じゃあ、僕はどうなのか。
誰に向かって情報を提供したいのか。
そう問われた時に、やはり、過去の自分と同じように、自分の身近にある問題を解決する情報だったり、本当に基礎的な情報を欲しがっている人たちなんだ、ということに気がついた。

専門家に対して、専門的な知識を提供することを目指しているのではなくて、素人に対して専門的な知識を提供することを目指している。
それはなぜかということ、多くの人に幸せになって欲しいから。

そして、そもそも僕の発信だけで、すべての人に届けることは不可能なので、多くの僕の同業の方たちが発信している同じ内容のことでも、何かのご縁があって僕の発信に触れた人に届けばいいのではないか、などということをぼんやり考えている。

差別化なんて気にしなくていいのかもしれない

何が言いたいかというと、マーケティング的な意味合いから言えば、差別化だとか、強みとか、そんなことばかり考えていると、ほかの同業者たちと違うこと、ちょっと視点を変えた独特の考え方とか、そういうものを発信しなければいけないということに意識がいってしまって、そんな余計なことを考えていると、情報の受け手が欲しがるような、一般的なものを届けることができなくなるのではないかということ。

だから、これからは、初心に戻って、もっと基本的な、素朴な疑問に応えられるような、そんな発信を心がけたいと思う。
当たり前のことを、当たり前だと思わずに発信するって難しいんだけど、大事なことは何回でも繰り返し繰り返し、しつこく発信していきたい。

ご縁を大切に

情報に出合えるかどうかって、やっぱりご縁だと思うんだよね。
たまたま、僕のこのブログにたどり着いた人が、そこで情報を得て、それをきっかけに健康になったり、幸せになったりしてくれればいい。
自分のブログのアクセスを増やそうとか、有名になろうとか、商売でうまくいくことばかりを考えていると、こんなこと当たり前すぎるかなとか、僕以外の人もたくさんの人が言っていることだから今更新鮮味がないとか、そんなことになりかねないんだよね。

だから、やっぱり初心を忘れないということは、とても大切なことなんだと思う。

まとめ

専門家になればなるほど、初心者の頃のことを忘れてしまう。
それでは、初心者や素人の気持ちがわからなくなってしまう。

そんなことでは、本当に役に立つ情報を届けられない。
やはり、初心忘れるべからず、なのだ。