予防は大切だけれどその効果は見えない

料理をする男性 生活習慣病予防
スポンサーリンク

僕はかつて、ひどいうつ状態に陥って苦しんだことがある。
もう二度と、あんな思いはしたくないし、そういう思いをする人を無くしたい。
だから予防が一番大切だと思う。

症状が出ると苦しいし、回復するのにとても長い時間がかかることもある。
人生に大きな影を落とすこともある。
そういう状態にならないことが一番大切なのだ。

スポンサーリンク

予防の効果は見えない

しかし、予防は効果が見えない。
なぜなら、予防がうまくいっているときには、何も起こらないからだ。
何も起こらない、病気にならない、症状が出ないというのは、それはすなわち日常と同じ。
健康であることは当たり前のことだと思ってしまう。
効果があるのかないのか、実感することは不可能だ。

そういうわけなので、多くの人は予防を重視しない。
たまに気を付けても、すぐに忘れてしまう。
そして、症状が出てから後悔するのだ。
もっとちゃんと、自分の健康のことを考えればよかったと。

病気は身体からの警告

一度、身体を壊してみると予防の大切さがわかる。
苦しんでみると、健康のありがたみがわかる。
もしかしたらそれは、身体からの警告なのかもしれない。

その警告には、ちゃんと耳を傾けなければいけない。
ちゃんと予防しないと、大変なことになるよと。
そうなってからでは、遅いんだよとね。

健康は当たり前にあるのではない

健康は当たり前にあるのではない。
その事を実感してほしい。

いつどこで、健康を損なうかわからない。
心の健康も、身体の健康も、損なわれてからでは遅いということもある。

だからこそ、予防してほしい。
健康を大切にしてほしい。
予防に力を入れてほしい。

まとめ

予防は効果がわかりにくい。
それでも、予防に力を入れてほしい。
苦しむ人を減らしたい。
それが僕の願いなんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました