眠れない原因は肩こりかもしれませんよ

肩こり女性 整体・姿勢・身体の使い方
スポンサーリンク

整体師を20年もやっていると、クライアントが不眠を訴えることはとても多いのです。
そして、不眠を訴える人は肩こりがひどい。
肩こりだけではなくて、首から背中、腰までガチガチという人も少なくありません。

そういう人は、整体を受けるとその日の夜はスーッと眠れます。
整体を定期的に受けることで、睡眠薬を飲まなくても眠れるようなる。
これまでの経験上、そういう人は沢山いました。
この人たちの不眠の原因は「肩こり」や「背中のコリ」だったということだと思います。

スポンサーリンク

調べても「肩こり」とは書いていない

ところが、「不眠の原因」とググってみると、どのサイトにも「肩こり」とは書いていないのです。
これが本当に不思議なのです。

肩こりとは書いていないのにもかかわらず、「寝る前のリラックスが大切」とか「筋弛緩法をやってみる」とか、「ストレッチが良い」とか書いてあるのです。
じゃあ、原因のところにも「肩こり」くらい書いてもいいのではないかと思ってしまいます。

もちろん、不眠の原因がすべて肩こりだというつもりはありません。
しかし、肩こりを解消すれば眠れるようになる人がかなり割合でいる、という事実は、もっと多くの人が知っていても良いのではないかと思うのです。

身体のコリで眠れなくなるわけ

身体が凝っていると、身体がリラックスできない。
背中が張っていると呼吸が浅くなります。
そのうえ、身体の痛みや違和感を常に感じている状態です。

こういう状態なので、どうしても睡眠の質が低下して、眠りが浅くなってしまいます。
眠りが浅いので、夜中に何度も目を覚ましてしまい、ひどいときにはそのあと眠れなくなってしまいます。

寝ている時には、体温が低下して血流が悪くなります。
これは、エネルギーの消耗を抑えるための身体の反応です。

もともと、身体にコリがある状態だと、寝ている間にコリがひどくなるのです。

朝、起きた直後に身体が固いのはそのためです。
少し動かすと血流が回復して身体が柔らかくなり、痛みも軽くなります。

良い睡眠のためには身体を緩める必要がある

以上のことから、良い睡眠を取るには、身体を緩めておく必要があります。
したがって、整体やマッサージを定期的に受けることをお勧めします。

この時に注意しなければいけないのは、施術のやり方によっては逆に身体が緊張してしまうことがあるということです。

どんな施術が身体を緊張させるかというと、それは「痛い施術」です。
痛い刺激というのは、身体にとっては「危険でやばい刺激」です。
攻撃を受けているという認識になります。
そのため、防御反応として、筋肉を固くして身体を守ろうとするのです。

「強い刺激のほうが効果が出る」と勘違いをしている人は多いと思いますが、強すぎる刺激は逆効果なのです。

本当にリラックスできるのは「弱い施術」です。
弱いので、身体が安心してリラックスできるのです。
身体の反応として、「緊張を解いてリラックスしてよい」と判断するからです。

激しい施術では、真のリラックスは得られないということです。

私の施術は弱さを目指しています

私の施術は、心身ともにリラックスしてもらうことを目指しています。
テレビで見るような、乱暴で派手な施術は行いません。

生身の生き物である身体のリラックスを引き出すための施術を追求してきました。
その施術があるからこそ、不眠を解消できるのかもしれません。

もちろん、何度も書きますけれど、肩こり以外の原因の場合は解消できないこともあります。
悩み事があって、眠れないという場合には、その悩み事の解消やカウンセリングが必要になるかもしれません。
メンタルクリニックを受診して、睡眠薬を処方してもらった方が良いという場合もあると思います。

まとめ

不眠の原因をググっても、「肩こり」とか「背中のコリ」と書いてあるサイトは見つかりません。
しかし、私の経験上、かなりの確率で身体のコリが原因で眠れなくなっていると考えています。

多分、お医者さんは知らないのだと思います。
または、肩こりというものをあまり重要視していないのかもしれません。

最近のグーグルは、健康関係の検索ワードだと、病院や製薬会社のサイトが上位に上がってくるようになっています。
私のブログのような、一介の整体師が運営しているサイトは、検索順位が上がってこないのです。
そのために、肩こりを解消することで眠れるようになる、という事実を知らない人がほとんどなのだと思います。

これはもったいないことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました