肩こりや腰痛による損失は大きい

公園で体操する女性 整体・姿勢・身体の使い方
スポンサーリンク

多くの人が悩まされる、肩こりや腰痛。
いつものことだと、そのままにしている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

肩こりや腰痛による悪影響

しかし、ひどい肩こりや、筋緊張性頭痛などになると、集中力思考力、そしてやる気が低下してしまうのは否めません。
腰痛がひどくなると、立ったり座ったりなどのちょっとした動きにも痛みを感じますので、様々な作業に影響を与えます。

このような身体の痛みを抱えていると、ちょっとしたことでイライラして、周囲の人に対して攻撃的になったり、ストレスを増幅させて、メンタル疾患の原因になったりします。

さらに、睡眠の質が低下したり、夜中に目が覚めて眠れなくなったり、それが原因で不眠症と診断されることもあります。

たかが肩こり、と甘く見ていると、その損失は計り知れないという試算もあります。
自分の身体を快適に保っておくことは、日々の暮らしの質を高めていく上でとても大切なことなのです。

体調管理にかけるお金は必要経費

自分の身体に投資をして、生活の質を向上させていく事は、幸せな人生においては必要なことだと思います。
そのためには、適度な運動、ストレッチなどのセルケア、整体を定期的に受けるなどの専門家によるケアをお勧めします。

整体やマッサージを受けることを贅沢だと思っている人も少なくないかと思いますが、日々の暮らしを快適に過ごすために必要な経費だと認識を変えてみていかがでしょうか?
仕事の質や人間関係の質も向上して、何よりも健康を手に入れることができるのですから、決して贅沢ではないと思います。

「たかが肩こり」と放っておかないで、積極的に解消してほしいと思います。

まとめ

肩こりや腰痛に悩み人は多いです。
「たかが肩こり」「いつものこと」と放っておくと、積もり積もって、大変な損失になっていることがあります。

仕事の質、生活の質を向上させるために、ぜひとも、積極的に解消してほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました