夢を持つ大切さ-将来に対して明るいイメージを持つ

指をさす女性 マインドセット
スポンサーリンク

僕は、夢や希望を持っていたほうが良いと思います。
無いよりはあった方が良い。
圧倒的に。

これは、何歳になってもそうだと思います。
僕ぐらいの年齢になっても。

スポンサーリンク

辛い未来予想をもつと生きる意味が解らなくなる

僕は若いころにうつ病になったことがあります。
その時の僕には、夢がありませんでした。
当時の僕は、仕事に楽しさを見いだせなくなっていました。
そして、その状態が後何十年も続くという事実が僕を苦しめました。
そんなに長い期間、この仕事を続けていくのか、という苦しさがありました。

そこから解放されるために、やりたいことを追いかけることにしたのです。

将来の明るいイメージは生きる意味を与えてくれる

将来に対して、明るいイメージを持つだけで、人は生きていけると思います。
将来に対して苦しいイメージしかなければ、何のために生きているのかわからなくなります。

夢を持つのはタダでできます。
将来どうなるかなんて、誰にもわからない。
私たちは預言者ではありません。
であるなら、明るいイメージを持った方が良いに決まっています。
僕はそう考えます。

もちろん、こんな僕だって不安になることはあります。
でも、だからこそ、明るいイメージを持っておきたいのです。

具体的に行動する

具体的なイメージを描くことができたら、その至までの道のりを具体的にイメージします。
そして、今現在に落とし込むのです。
いまから始められること何かを考え、実際に行動に移すのです。
こうすることによって、日々の暮らしの中に希望を見出せるようになります。
そうして、確実に夢に近づくことができます。

ここで夢を持つだけではなくて、実際に行動に移すことが大切です。

「こうなったらいいなあ」という妄想も楽しいのですが、妄想だけに終わらせずに、実現するために行動することで、より一層楽しくなります。

行動を始める前からあきらめてしまう必要はありません。
将来何が起こるか誰にもわからない。
やってみたら意外にもできてしまうこともあります。

とにかくやってみることをお勧めします。

人生が楽しくなる

何度も書きますが、夢を持つのはタダでできます。
それだけで生活が充実しますし、人生が楽しくなります。

夢を持たない手はありませんよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました