日本は自由の国なのだから自由になれるはずだ

空に手を広げる女性 マインドセット
スポンサーリンク

日本は自由の国。

今話題の信教の自由もあるし、言論の自由も、職業選択の自由もある。
日本国憲法において、様々な自由が認められている。

にもかかわらず、心が不自由な人が多い。
なにかに縛られている。

スポンサーリンク

自分を縛るのは自分

しかし、突き詰めて考えると、人を縛っているのは本人の思考であることがわかる。
ところが、当の本人はそのことに気づいていないのだ。

人間関係を壊してしまうのが怖い。
人から批判されるのが怖い。
今の環境を飛び出して、新しい環境に身を投じるのが怖い。
そういう恐怖心が、自分の心を縛っている。

自分が不自由であると思い込まされている。
教育や環境や様々な言説によって。

日本は同調圧力が強い。
協調性を重視する教育を受ける。
空気を読めと言われる。
他人と違うといじめられる。
出る杭は打たれる。

こういう経験から、自分は不自由だと感じるようになる。
自由にすることで、人から責められることが多いのだ。

自分を解放できるのは自分だけ

でも、本当にそうなのだろうか?
自分の思考は誰にも縛れない。
精神は自由でいられるはずだ。

自分を自由にしてあげられるのは自分だけ。
色々なしがらみや、自信の無さを捨て去る覚悟があれば、自分が自由であることに気がつけるはず。

自由になるために誰かの助けが必要なら、声を上がることが大切だ。
助けを求めるのは恥ずかしいことではない。

自由を感じられるかどうかは自分次第。

自由になりましょう。
助け合って生きて行きましょう。
せっかく、自由な時代の自由な国に生きているのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました