人生はなぜ難しいのか

バランスをとる人 マインドセット
スポンサーリンク

僕は、人の健康問題に携わるようになって20年になります。
そんな僕が、常々思っていることは、

なにごとにもちょうどよいところがある

ということです。

例えば、運動は不足してもやりすぎても身体に悪いです。
食事も、足りなくても食べ過ぎても身体に悪いです。
塩分も、足りなくても摂りすぎても身体に悪い。
睡眠も、不足しても寝すぎても身体に悪い。

全てにおいて、この調子です。
要するに、いい塩梅、バランス、ということがとても大切なのです。

仕事とプライベートのバランス。
一人で過ごす時間と、家族や仲間と過ごす時間のバランス。
勉強と遊びのバランス。
将来を心配することと、今を充実させることのバランス。

この、バランス、という問題が、人生を難しくさせているのです。

スポンサーリンク

バランスには正解はない

バランス、というのは、常にふらふらとしていて安定性がないものです。

健康を例にお話をすると、体調は常に変動しています。
仕事が忙しくなったり、人間関係でトラブルがあったり、気候が変動したり、外からの刺激でとたんにバランスを崩してしまいます。
また、年齢によってもバランスが少しずつ変わっていきます。
そのたびに、バランスの調整を余儀なくされます。

常に、体調に気を使い、バランスを取ろうとし続けなければいけないのです。
これは結構メンドクサイことだと思います。

ところがです、世の中には「これさえしていれば常に絶好調になります」と思わせるような宣伝文句で商品を買わせようとする人たちがいます。
健康食品とか、健康グッズなどです。
良心的なお値段のものなら、まあ、試してみても良いかと思いますが(それでも体調に波があることは変わりませんが)、あまり高額なものに関しては、正直言って疑問を感じます。
それよりも、日々の食事や運動、睡眠などをしっかりとやることの方が効果的です。

この人たちは、「常に健康はあり得ない」「常に絶好調はあり得ない」ことを知っているうえに、「常に絶好調でありたい」「健康管理とかメンドクサイから、簡単に健康を保つ方法はないか」という人々の願望を知っているのです。

つまり、唯一無二の正解を探しているのです。
でも、そんなものは無いのです。

人によって体質も違うし、生活のリズムも違うし、仕事も、家庭環境も違います。
誰にでも当てはまるような正解は無いのです。
常に変化している環境に対応していかざるを得ないのです。

お釈迦様が悟った中庸

お釈迦様は、厳しい修行の末「中庸」が大切であると悟りました。
この「中庸」こそがバランスと言えるでしょう。

言われてみれば「まあそうだよね」という単純な話なのですが、実践しようとするととても難しいのがこの「中庸」というやつです。

世の中を騒がせている社会問題も、多くの場合、この中庸が難しいことを示しています。

例えば、新型コロナウィルスの問題。
感染を抑えるには、「人に会わない」「行動制限をしたほうが良い」というのはもちろん正しいのですが、これを徹底しようとすると様々な問題が起こります。
経済が停滞して生活が苦しくなる人が出る、孤独感から精神を病む人が出る、子どもたちの行動にも制限かかかり人生に影を落とすのではないかと心配になります。
しかし、無理やり経済を優先すれば感染が広がり、医療が崩壊して死者が出ます。

マスクの賛否についても同じ構図です。
マスクは息苦しい、でも、感染予防効果はある。

ワクチンにおいてもしかりです。
副作用と効果のバランスをどう考えるか。
という問題です。

こういうバランスの問題は、なかなか難しい問題なのです。
これを受け入れることができない人たちが、「新型コロナウィルスはデマでただの風邪だ」とか、「マスクは効果が無い、無意味だ」とか、「ワクチンは完全に安全で、打ってさえいれば自由に行動できる」とか、極端なことを言い出すわけです。

なぜなら、これさえやっておけば正しい、という極論はシンプルで理解しやすいからです。

今話題の、宗教団体の話も同じですね。
「お金さえ積めば幸せになれる、地獄に落ちることを防ぐことができる、だからどんどんお金を出しなさい。」とやるわけです。

しかし、人生はそんなに単純じゃないわけです。
次から次へと起こってくる難問に挑まなければいけないのです。
お金で解決できる問題ではないわけです。

「中庸」という難問に挑む覚悟が必要

幸せな人生を歩みたいと思ったら、シンプルで、しかしながら実現するのはとても難しい「中庸」という問題に挑まなければいけません。

人生山あり谷あり
人間万事塞翁が馬

良いことも悪いことも起こるのが人生です。

あっちを立てればこっちが立たない。
バランスを取るのが難しい。
そういう難問が次から次へと襲ってくるのが人生なんです。

どこまで行っても、安定することはない。
バランスを取り続けることを覚悟することが大切なんです。

その覚悟ができた時、初めて幸せな人生を構築することができるようになるのです。

まとめ

人生が難しいのは、正解がないからです。
「ここが最高のバランスだ!」というところが無いからです。

常に揺れ動くバランスの問題に、常に対処し続ける必要があるのです。
これは一生ついて回る問題なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました