過去の意味は今の人生によって変わる-常に良い未来を創っていこう

犬と家族
Alvin Balemesa

過去を振り返って、

「あー、あの時、違う選択をしていたら、違う人生があったかもしれないなあ。」

そんな風に思うこともあるよね。

なんとなく、選択肢しなかった道の方が今となっては魅力的に見える時もある。

僕にもそんな風に思う時はある。
あの時別の決断をしていたら、違う人生だっただろうなあって。

でも。

冷静になって考えると、もし別の道を選択していたら、今の嫁さんとは知り合っていないだろうし、ということは、僕の子供たちはこの世に存在しないことになるんだよね。

どこかで、一つでも違う選択をしていたら、今の生活は無いかもしれない。

そう考えると今の人生が愛おしくなる。
過去の選択はあれで良かったんだと思える。

今が変わると過去が変わる

結局、今の人生に満足していれば過去は肯定できるということ。

今の人生に満足していなければ、後悔が残る。

だとしたら、これからの人生を素晴らしいものにすれば、もし今、人生に満足していなかったとしても、「あの時の苦しい時があったから充実した人生になったんだな」と振り返ることができるということだよね。

だったらさ、勝負はこれからだよね。
これから良い人生にすれば良いってことでしょう?
違うかな?

あの時、別の選択をしていれば良かった。
そんな風に思いたく無いなら、これらの人生を良いものしようよ。

人生はいつでもこれからが大切

人生って、死ぬまで続くんだよね。
これ読んでるってことは、あなたはまだ生きてるわけで、ということは、まだ終わってないわけだよね。

良い人生だと思えるようになったら、過去も全部肯定できるようになるんだから、これからなんだよ、人生これから、常にね。

過去の後悔をいつまでも引きずっているくらいなら、意識を未来に向けてみよう。
これからの人生を良いものにすることを考えよう。

いい人生を始めるのに遅いということはない。
なぜなら、「今日は残りの人生で一番若い日」だから。
結構この言葉好きなんだよね。

良い人生にしたいなぁ、って方いませんか?
コーチングとカウンセリングでお手伝いしますよ!

僕自身も、この歳になってもまだ、人生これからだ!って思っているんだから。
一緒に、いい人生を作っていこう。