エッセイ風なものを書いてみたい

読書リラックス

このブログ。
僕の好きなこと、言いたいことを、とにかく書きなぐっているだけなんだけれども、どうせ書くなら、ちょっとほっこりするものとか、なるほどねえ~と思ってもらえるものとか、日常の普通のことを切り取ってみるとか、まあつまり、エッセイ風の文章を書いてみたいと思うんだよね。

結構そういう文章を読むのが好きなので。

最近は、ビジネス書とか、自己啓発系とか、心理学の本とか、そんなのばっかり読んでいるから、ちょっと脳がつかれているというか。

先日も、久しぶりに本屋をうろうろしたんだけど、もうね、そういう本の棚の前をうろついても、触手が動かないんだよね。
おなか一杯の感じがする。

それもよりも、もうちょっと心が楽になるような、そして簡単に読めるような文章が読みたいと思ったんだ。
そして、ああきっと、今疲れているんだなって思った。

疲れているときには、難しい本は読みたくないよね。
もっと軽く読めるのが欲しい。

僕はどちらかというと、そういう本が好き。
そういう文章が好きだな。

そして、本当は僕もそういう文章を書いてみたい。

今までは、才能がないからね、「うまく書けない」って思っていたんだ。
だから、どこかで憧れみたいなものがあったんだけど、無理だと思っていた。

でもね、「そもそもうまく書く必要があるのか」とも思う。

だって、このブログ、お金とっているわけじゃないし。
今までだって、好きなこと書きなぐってきたわけだし。

読んでくれた人が、一人でもほっこりしてくれたり、くすっと笑ってくれたり、そうだよな~って共感してくれればそれでいいわけで、うまく書こうなんて思わなくていいんだなってことに気がついた。

なので、これからは、そういう文章も書いてみたいと思う。
いいよね。