ダイエットしたければ価値観を変えるしかない

ハンバーガーを食べる男性

人の体型というのは、その人の生活習慣の結果が表れている。
生活習慣はその人の価値観によって決まる。
したがって、ダイエットを成功させるには、価値観を変える必要があるんだ。

価値観を変えるというのは、すなわち、マインドセットを変えるということ。
マインドセットを変えることなく、体型だけを変えるのは不可能なのだ。

ダイエットを成功させる人

これまで何人もダイエットの指導をしてきたけど、ダイエットを成功させる人の共通点は、柔軟に思考を変えていける人。
根性があるとか、そういう問題ではないんだ。

特に、食行動に対しての思考が柔軟な人ほど、ダイエットを成功させることができる。

ダイエットがうまくいかない人

逆に、ダイエットがうまくいかない人には、食行動に何かしらの強いこだわりがある人だ。
どうしても好きな食べ物があって、それがやめられない。
それを食べないでいることに強いストレスを感じてしまう、あるいは、何らかの理由でその行動を変えることができない人だ。

もちろん、体質的な問題もある。
食事を減らすと元気がなくなってしまうとか、体調を崩してしまう、という問題を訴える人いる。
だとすると、ダイエットを選ぶか、元気に動けることを選ぶか、という問題になる。

あるいは、仕事上の理由でどうしても食事を減らすことができない、という人もいる。
そういう事情を抱えている場合においても、仕事とのバランスを考えながらダイエットをしていくのは難しい。

結局、どっちを取るかはその人の価値判断による。
ダイエットをする動機にもよるので、一概に、どちらがいいとは言えないのだ。

しかし、健康のためにダイエットが必要だと考えているのであれば、やはり健康を取るべきだと私は思う。
健康を損なえば、仕事も人生も台無しになってしまう。
大好きな食べ物だって、二度と食べられなくなってしまうかもしれない。
そういう意味でも、健康を重視したほうがいい。
健康はすべてに優先すると思う。

しかし、それ以外の理由でダイエットをするのであれば、それによって変えなければいけないこととのバランスによっては、ダイエットを諦めてもいいのではないかと思う。

結局は価値観の問題

ダイエットを行うには、食行動はもちろん生活習慣を変える必要がある。
その変えるべき習慣にどの程度の重きを置いているか、どちらを優先するか。
そこが問題なのだ。

スリムな体型を手に入れることと天秤にかけなければいけないこと。
例えば、お酒を飲むこととか、好きな時にお菓子をつまむこととか、食後にデザートを食べることとか、満腹になるまで食事をすることとか、身体を動かすような疲れることをせずに生活することなど。

優先順位を変えることなく、ダイエットを成功させることはできないし、たとえ一時的にうまくいっても必ずリバウンドしてしまう。
しかし、逆を言えば、優先順位を変えることできるなら、成功させることはそう難しいことではない。

価値観が変わった時がダイエットのタイミング

価値観が変わる時というのは、ある日突然やってくることがある。
これを「気づき」と言ったりする。

ある時、「はっ!」と気づくときがくる。

ああ、別にこんなことにこだわらなくてもよかったのに。
それよりも、痩せるほうが重要じゃん!
いったい自分は今までなんでこんなことにこだわっていたんだろう。

そんな気づきを得ることがある。
そんなときが、ダイエットをやるチャンスだし、タイミングなのだ。

ダイエットがうまくいかない人は、この気づきを得ていない人だともいえるかもしれない。
そのタイミングではないだけかもしれない。
頭では「ダイエットをしたい」とか「しなければいけない」と思っていても、内側からごく自然に、心から「やろう」という気持ちが湧いてこない限り、ダイエットをすることは難しい。

それがすなわち、価値観が変わるということだから。

まとめ

ダイエットというのは価値観が変わらなければ難しい。
そして、価値観が変わる時というのは、「気づき」を得る時。

カウンセリングを受けて、自分の価値観に気づくことも大切。
まずは、僕のカウンセリングを受けてみてほしい。

気づきを得た時が、ダイエットを成功させるチャンスなのだ!