手段の目的化に気をつけろ!-あなたはなぜダイエットするのか?

 

指をさす女性

「手段の目的化」という言葉をご存知ですか?

本来の目的を達成するための一つの手段だったことが目的化してしまって、本来の目的を見失ってしまうことです。

これはとてもよくみられる現象で、私もこの罠にかかることが多いです。
常に、「本来の目的は何だっけ?」と確認し続けなければ、すぐに忘れてしまいます。

ダイエットにおいても、手段の目的化が容易に起こります。
そもそも、本来の目的が見えない場合すらあります。

今日は、ダイエットにおける手段の目的化について、考えてみたいと思います。

ダイエットは手段に過ぎない

そもそも、ダイエット自体が本来の目的だという人はいないと、私は思っています。

人がダイエットをしようと決意するには理由があるはずです。
その理由こそが本来の目的であって、ダイエットはその目的を達成するための手段に過ぎないのです。

ダイエットの目的については、過去にもこのブログ内に書きました。

この記事には、ダイエットの目的を三つにまとめて書きました。

  1. 減量(体重による階級制のある競技の選手が計量をパスするために行う)
  2. ボディメイク(カッコいい身体、美しい身体になる。競技パフォーマンス向上。)
  3. 健康のため(生活習慣病を予防し、いつまでも元気でいるため)

このうちの(ボディメイク)には、さらにいろいろな目的があります。
キレイになりたい、カッコよくなりたい、ウェディングドレスをきれいに着たい、競技パフォーマンスを上げたいなどの目的です。

さらに、「キレイになりたい」には、自信を持ちたい、異性にモテたい、仕事においていい印象を与えたい、モデルになりたい、などの目的もあるでしょう。

もちろん、これらがいくつも複合的に絡んでいることもあるでしょう。
複合的に絡んでいる場合には、さらに本来の目的がはっきりしにくくなって、本当は手段のはずのダイエットが目的化しやすくなります。

それでも、「ダイエットそのものが本来の目的である」というの人はいないのではないでしょうか?
にもかかわらず、ダイエットが目的化している人が多いというのも私の印象です。

数値を追い出すとそれが目的化しやすい

体重という数値は単なる目安でしかないはずなのですが、その数値を追い出すと、本来の目的を忘れて、その数値自体が目的化しやすくなります。

数値の増減に一喜一憂するようになってくると、そこに意識が行ってしまうからです。
さらに体重の目標を掲げることで、本来の目的を忘れてしまうことも多いです。

体重を減らすことが目的化してしまうと、本来の目的とは程遠い結果になることもあります。

例えば、
健康のために始めたのに、必要な栄養が摂れなくて逆に不健康になってしまう、ストレスにさいなまれていつもイライラしている。
キレイになるために始めたのに、痩せすぎてしまってキレイとは程遠い結果になってしまう。
ビジネスで良い印象を与えるためだったのに、貧相な外見になってしまう。

といったような、本来の目的とは真逆の結果になることも少なくありません。

ダイエット以外の手段も検討する必要がある

ダイエットは目的を達成するための一つの手段に過ぎないのですから、別の手段を検討することも大切です。

例えば、「異性にモテたい」というのが目的であれば、ただ痩せるだけではその目的は達成されないし、逆に言えば、痩せなくても達成できるかもしれません。

キレになりたい、カッコよくなりたいというのも同じです。
ダイエット以外にも手段は沢山あるはずです。

手段が目的化してしまうと、それ以外の手段に意識が行かなくなります。
それでは、本来の目的が達成されない可能性があります。

あれ、いったい何のためにやっているんだっけ?
ということになりかねないのです。

本来の目的は自分との対話で確認する

本来の目的を忘れないようにするには、自分との対話をしっかりすることが必要です。

自分が本来どうありたいと思っているのか。
自分が望んでいる「あり方」の問題。

最終的にはそれが、本来の目的になります。

そこが明確になっていないと、ただ何となくダイエットをしたい、痩せたい、という漠然とした動機になってしまいます。

だから、ダイエットを始める前に、しっかりと自分との対話を行うことが必要です。

いったい何のためにダイエットをするのか。
その目的は、ダイエットをしなければ達成できないのか?

そこを明確にするのです。
そして、その目的を忘れずに常に念頭に置くこと。

それが、本来の目的を達成するためにはとても大切なことだし、ダイエットを成功に導く上でも絶対に必要なことなのです。

まとめ

あなたがダイエットをしようとする真の目的は何ですか?
ダイエットはそのための手段でしかない、ということを理解していますか?

この問いを明確してから、ダイエットに取り組むことをお勧めします。
すでに取り組んでいるなら、今一度、この問題と向き合ってみてください。

体重を減らすことは手段でしかない。
本当に欲しいものを手に入れてくださいね。