いったいどれくらい食べればいいのかイメージできていますか?

食事風景

ダイエットに関する情報はあふれています。

なかには、とても細かい情報もありますよね。

例えば、運動するなら午前中がいいのか、午後がいいのか。
食前がいいのか、食後がいいのか。
なんていうやつですね。

でも、そんな細かいことよりも、もっと大切なことがありますよね。

そもそも、どんな生活習慣なら、どういう生活をすればどれくらいの体型になるか。
ということだと思うんです。

もっと言うと、どの程度の食事量ならばいいのか?
という話です。

体型というのは、生活習慣で決まるわけです。
どの程度食べて、どの程度運動をして、どのような生活をすればいいのか。

それを感覚的につかむことができていないんですね。

じゃあ、どうやったら、その感覚をつかむことができるか。
その方法論について書いてみたいと思います。

自分がどのくらい食べているかを知る

まず、自分がどのくらい食べているかを知ることです。
これ、このブログでも前に書きましたよね。
だから、ここでは詳しくは書きません。

自分がどのくらい食べているかを知るためには、記録をとることです。
そして、指標を持つこと。
私がお勧めしているのは、カロリーという指標です。

スマホアプリを使って、カロリー計算をすることをお勧めしています。

詳しくは、こちらの記事を読んでください。

自分がどのくらい動いているのかを知る

次に、自分がどの程度運動しているかを知ることも大切です。

こちらもスマホを使えば簡単ですね。

歩いた歩数、距離、時間など、簡単に計測してくれるアプリはたくさんあります。
iPhoneにはデフォルトで入っていますよね。

こういうものを使うと、自分の運動量が簡単に測定できます。

体重をはかる

もちろん、体重の推移を記録しておくことも大切ですよね。
この場合、毎朝決まった時間に量ることをお勧めします。

体重は、一日のうちでも結構変動するので、なるべく同じ条件で量るのがいいですね。

お勧めは、朝起きて、トイレに行ってその直後に量ることです。
毎日、同じ時間に量ることによって、自分の体重の変化が解ります。

どの程度の生活がいいのか試行錯誤する

ダイエットを始めると体重が一番気になるのですが、本当に一番気にしなければいけないのは、体調ですよね。

体調がいい、気分が前向き、快適。
そう感じられる生活パターンはどんなものなのかを、試行錯誤しながらつかんでいくことをお勧めします。

それが、真の意味でのダイエットになります。

食べ物を我慢しすぎてストレスがたまるのは本末転倒だし、ましてやそれで体調がおかしくなってしまっては元も子もありません。

運動だってそうですよね。
無理に運動すれば、体調がおかしくなります。

なにごともちょうどいいところがあるのです。

自分に合ったパターンを見つけ出そう

仕事や家族関係などによって、生活パターンは人それぞれですよね。
工夫できることはしなければいけないけど、できなことをやろうとする必要はありません。

自分に合った方法を見つけ出すことが、成功の秘訣なのです。

まとめ

誰かに無理やりやらされるような方法では長続きしません。
自分に合った方法を見つけ出すことが大切なのです。

そのためには、記録をつけることから始めましょう。

メンドクサイとか言っていると、いつまでたっても理想的な生活習慣は身につきませんよ。

一見遠回りに見ても、実はそれが、一番の近道なのです。