食事の持つ三つの機能

料理をする男性
Jason Briscoe

私たち人間は、いったい何のために食事をするのでしょうか?

生まれてから死ぬまで、私たちは食べ続けます。
食事をしなければ、命を維持することはできません。

毎日の生活の中で、食事は当たり前の行為過ぎて、いちいちその意味を考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

しかし、ダイエットをする場合、その意味を今一度振り返っておく必要があると思います。

私たちは、いったい何のための食事をするのでしょうか。

私は、「食事の機能」は以下の三つであると考えています。

  1. エネルギー補給
  2. 栄養補給
  3. 楽しみ・娯楽

エネルギー補給

おそらく多くの人が最初に思いつくのが、この「エネルギー補給」だと思います。
車に例えて言えば「ガソリン補給」と同じような意味です。

私たちが日々活動するために必要なエネルギーを、食事から補給するというイメージです。

とくに、ダイエットを考えている人にとって、それは「カロリー」という言葉で置き換えることができるかもしれません。

もし、食事の機能が「カロリー」だけだとしたらこれほど単純な話はありません。
「食べなければ痩せるよ」などと、軽々しく言う人たちは、この「カロリー」のことしか考えていない人たちです。

でも、食事の持つ機能はこれだけではないところが、ダイエットを難しくしているのです。

栄養補給

私たちの身体は、私たちが食べたものを材料として作られ、それを材料としてシステムとして機能していると言っても過言ではありません。

良い身体、健康的な体を手にれるためには、良い材料を摂取する必要があります。

また、身体が気持ちよく機能するためには、様々な生理作用がスムーズに行われる必要があります。
生理作用がスムーズに行われるためには、そのために必要なものを摂取することが大切です。

これもまた、食事の持つ重要な要素なのです。

すなわち、健康的な身体を作るために必要なものは摂取しなければいけないのです。

これが、「医食同源」と言われる由縁なのです。

楽しみ・娯楽

忘れていけないのは、食事は人間にとって、大きな「楽しみ」であるということ。

「気の置けない仲間と美味しい食事を摂る」という行為は、人生の中でもかなり大きなウェイトを占めている楽しみの一つです。

これを糧にして、生きるためのエネルギーを得ているという人は、少なくないでしょう。
この楽しみを奪われてしまったのでは、生きる意味さえ見失ってしまう人もいるのではないでしょうか?

ダイエットを続けるうえで、この「楽しみ」を奪わないことが、とても重要になります。

ダイエットは複雑な連立方程式を解くようなもの

ダイエットとは、この三つの機能を満たしつつ、食事を考えていくことです。

カロリーは、必要な分は摂取しなければいけないけれど、食べ過ぎれば太る。
その上、必要な栄養素を摂取して、楽しみも奪わない。

ともて複雑な話なのです。

こう考えると、「○○だけを食べればいい」とか、「××を食べなければいい」などと言う単純な話ではないことがお分かりいただけると思います。

ところが、この連立方程式を解くのが面倒でよくわからないので、単純で簡単な方法に飛びついていしまう人が多いのです。

それでは、健康的な身体を作る事はできませんよね。
良い人生を作るということは、いろいろな条件を考えてバランスを取っていくことなのです。

まとめ

食事の持つ三つの機能を満たすような食生活を送ること。
これが、本当の意味でのダイエットになります。

そもそも、理想的な食事というのは、単純な話ではないということです。

単純で手っ取り早いダイエット方法に飛びつくのはやめたほうが良いでしょう。

自分の人生を豊かなものにしたいとお考えなら、食事に対しても、しっかりと向き合うことをお勧めいたします。